ブログ

  1. HOME
  2. ブログ一覧
  3. ブログ

お風呂の入り方part2

今日のブログを担当します森下です。
前回のブログに引き続き目的別のお風呂の温度設定についてお話しさせて頂きます。

お風呂の温熱効果の境界は40度と言われています。
40度より高いお湯は交感神経が優位になり、それより低いと副交感神経が優位になります。
血液は1分程で全身をめぐると言われ、20分程の入浴で身体の芯まで温まると言われています。
入浴時間は個人差がありますのであくまで目安として捉えて頂いて構いません。

温度設定により
①42度以上のお湯に入ることを高温浴
②39度から42度を温浴
③37度から39度を微温浴
の3つに分かれます。

①高温浴

交感神経が働き新陳代謝が促進されます。
汗を流し老廃物も排出されますので、身体の疲労回復に効果があります。

足湯や気分を転換したい時の朝のシャワーにおススメです。

②温浴

全身浴で20分程の入浴をします。
のぼせが気になる方は肩を出して温かいタオルなどを乗せましょう。
血行を良くして新陳代謝を高めて首や肩の疲労物質を取り除くことが出来ます。

③微温浴

交感神経の働きを鎮めて副交感神経を優位にし、リラックスさせ眠りの質を高めます。
身体の温度が下がり始めると眠気が催しますので、入浴で身体を温めて熱を放散させる事により眠りやすくなります。

入浴は眠る前の1時間程前に半身浴で入ることをオススメします。
寒い季節は浴室温度が下がりますので、浴室温度を調節したり、肩にタオルなどをかけて冷えない様にしましょう。
水分補給は身体が冷える冷たい飲み物は避けましょう。

以上、目的別の温度設定についてお話しさせていただきました。
日頃入浴される際の参考にして頂ければと思います。
最後までお読み頂きありがとうございました。

なおや鍼灸院の症状について

ご予約ご相談はこちら

なおや鍼灸院・整体院 ご挨拶

肩こり、首の痛み、不眠、寝ても疲れが取れないなど、
不調にお悩みの方、当院にお任せください。

肩こり、腰痛、慢性的な疲れなどの不調はなぜ起きているのか、皆さんご存じですか? これらの痛みやダルさ、疲れなどの不調を放っておくと、広範囲に広がって行ってしまう可能性がございます。
痛みや不調が強くなる前にぜひプロの施術を受けて下さい。
なおや鍼灸院・整体院では、患者さまの痛みや不調の原因をしっかりと見極め、お一人おひとりに合ったオーダーメイド計画をお作りします。
皆さんの身体は人それぞれ体質が違うように、最適な治療内容も違います。それらを考慮してあなたに合った治療プランを考えてゴールを目指します。内容により担当者もそのプランを得意とした者がご対応致します。

長い間、困っていた身体の不調や違和感、酷い肩こり、なかなか改善されない腰痛、何処の病院にいっても良くならない頭痛、段々悪くなる身体の不調等、体調がよくないが、この症状は何処にいっていいのか解らない方‼
内科に行けばいいのか?それとも外科に行けばいいのか?もしくは当院で見れるのか? 当院で判断出来ます。
病院で診て貰ったが病名が解らない?もしくは診断して頂いたが、まったく良くならない。そんな方は、当院にお任せください。
当院では、症状はあるのに原因が解らない、診断を頂いたにも関わらず、改善されない患者様も多数ご来院されています。
カウンセリングだけのご来院でも可能です。
お困りの方は一度ご相談ください。

①友だち追加

「友だち追加ボタン」をクリック、「IDで検索」、「QRコード読み取り」のいずれかより友だち追加を行ってください。

②メッセージでご予約

「お名前」「ご予約希望日時」「症状」「電話番号」をメッセージでお送りください。
※ご予約は前日までにお願いいたします。

③ご予約成立

メッセージへご返信させていただきます。当院からの返信をもってご予約成立となります。

なおや鍼灸院・整骨院

【住 所】
奈良県橿原市東坊城町210-9
【アクセス】
近鉄南大阪線 坊城駅 南出口すぐ
【診療時間】
【定休日】
休診日は不定休となりますので一度お電話にてご確認ください。
0744-27-1192
0744-27-1192
ご予約・お問い合わせ